2020 051234567891011121314151617181920212223242526272829302020 07


TOP > CATEGORY - 放射線治療
ごあいさつ


このブログは、、、

「胸のしこり」に気付きつつも、3年ほど見て見ぬふりをしていたあたし。

家族に怒られ、やっとこさ重い腰を上げ病院へ行って来ました。

そこで受けた検査内容など、自分の記録としてはもちろんですが、同じような症状の

ある方などの参考になれば、と思い書き始めました。

現在、術後治療(放射線のみ)も終了し、以前と変わりのない生活をしています。


簡単な経緯は『記録のまとめ』でご紹介しています。

その後の様子は『経過日記』,『術後定期健診』でご紹介しています。

※現在更新はしていませんが、毎日コメント等のチェックはしています。 

 放射線治療終了 
●2015年2月13日(金曜日)


放射線治療25回目。

今日でとうとう、治療が終わりましたっ!! (嬉´∀`嬉)ノ

風邪も引かず、体調も崩さず、一日も休むことなくすべて順調でした。



最後の診察では、乾燥はしているけれど、全く問題ない状態との事。


治療後1カ月位までは、まだ皮膚をゴシゴシすると、ベロンと表面が剥けたりする

可能性があるので、しばらくはこれまでと同様にそっと洗わないといけないそうです。

※マーキングも自然に消えるまで放っておき、無理に落そうとしないこと。


ただし、保湿はキチンとやった方が良いそうで、多少のかゆみもある為、

保湿用のローションを処方してもらいました。(これについては後日)


今後、外来での診察はありませんが、気になること等があれば、電話でも良いので

相談してくださいとの事でした。



先生や看護師さん、技師の方、受付の方、、、

毎日顔を合わせていた、同じ治療を受けているお仲間さん。

みんなにお礼とお別れを言って、病院を後にしました。


+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+



まだ治療が始まって間もない時に、

「毎日通院しての治療は大変でしょうが、必ず終わりは来るので頑張って下さい!!」

先生から、そう言われました。


確かに、「あと何日、あと何回。」と確実に治療が進み、終わってみればまさに

あっという間でした。


あたしの場合、強靭な皮膚(?)のおかげで、炎症等はなかったので良かったですが、

中には大変な思いをして治療をしている方も、いらっしゃる事と思います。



思い起こせば、、、

覚悟を決めて病院に行ったのが、去年の10月末。

同年内に、精密検査・入院・手術をし、新年早々からの放射線治療。


かかった日数は、今日まで109日でした。


他の治療(薬物療法)はないので、これですべて終了となります。

これからは、術後の定期検診のみです。

もちろん自己検診も、忘れずにしなければいけませんね。



とりあえず、今の時点では、

「胸のしこりはやっつけた!!」 (゚∇^d)

ということで。。。。



スポンサーサイト




カテゴリ-【放射線治療 トラックバック(0)  コメント(0) top↑


+ Comment List +

 放射線診察-4回目 
●2015年2月5日(木曜日)


放射線治療20回目。

今日は、週に1度の診察日でした。


治療後、技師さんから、

「最近は、日に日に赤みが増していますね。 かゆみや痛みなどはありませんか?」

と、聞かれました。


「そ、そうなんですか? 特に何も感じませんけど…。」Σ(´Д`;)

(↑鈍感というよりノーテンキ??)


「見た感じカサカサしてきているので、ちょっと痛々しいと言うか、かゆそうに

見えますけど、問題ないなら良かったです。」



そんなやりとりをした後、ガウンに着替え少し待っていると、名前が呼ばれ、

診察室に入ります。



いつものように胸をはだけ、皮膚の状態を見てもらうと、


「うん、良いですね。 前回の診察からそれほど変化はないようですね。」 


「ですよね。 この調子だと、特にひどい状態にはならずに終われそうですよね?」


「皮膚の弱い人は、治療の中盤頃から赤みが増したり、皮が剥けたり、

ひどい方になると、水ぶくれができたりしますが、今の状態を見る限り

大丈夫でしょう。 とてもキレイですし。」



よかったぁ~♪ (≧∀≦)v


あたしは有り難いことに、皮膚が強いタイプの人間らしい。。。

そう言えば子どもの頃、日焼けしてもあまり赤くはならず、どちらかというと

すぐに黒くなる体質でした。(←毎年日焼けで真っ黒になっていた人)



それはそうと、最近傷口のひきつれ感が気になります。

術後はそれほど気にならなかったのですが、"今になって"といった感じです。


先生に聞いてみると、これについては放射線治療うんぬんではなく、

やはりまだ、手術の影響が残っているのだそうです。


以前言っていた通り、治療が終わり肌が落ち着いてきたら、マッサージをする

事で軽減されるそうなので、しばらくは様子を見ようと思います。



さてさて、治療も残すところ、あと5回!!

もうひと踏ん張りであります!! (`・ω・´)ゞ




カテゴリ-【放射線治療 トラックバック(0)  コメント(0) top↑


+ Comment List +

 放射線診察-3回目 
●2015年1月29日(木曜日)


放射線治療15回目。

今日は、週に1度の診察日でした。


いつも通りの治療をした後、ガウンに着替えて待合室に座ると同時に、

名前が呼ばれ、診察室に入ります。


さっそく、皮膚の状態を見てもらうと、

「15回でこの状態なら、かなり良いですね。」 

「そうですよね!! ちょっとカサカサしている位ですもんね!!」

(↑いつものように、ちょっと自慢げ)


「肌の色はこれからもっと変化していきますが、今の時点では

何の問題もありませんね。」


と言う事で、ひと安心。


そして今回は、3つほど気になることがあったので、聞いてきました。



1つ目は、治療を半分過ぎた頃から、妙に眠い事。

寝起きも悪いし、仕事中も、あくびのオンパレード。 (人;´Д`)


検査技師の方に言ったら、治療にも慣れてきて、緊張がほぐれて

きたのではないか、と言う事でしたが、先生に聞いてみると、、、


眠たいと言う人は、確かに多いらしいですが、特に副作用と言う訳では

ないそうです。

やはり疲れからでしょう、との事でした。


確かに、治療後出社して最近は毎日21時まで仕事をしているので、

必然的に睡眠時間も減るし、疲れが溜まっているのかもしれません、、、



2つ目は、時々胸(部分的に)やチクビが、ピリピリする事と、胸のコワリ。


ピリピリは、やはり治療の影響で皮膚が乾燥しているからだそうで、

コワリは、治療後マッサージすることによって多少軽減するそうです。



3つ目は、照射部の保湿について。

治療中盤に入ってから、照射部分が少しカサカサしてきました。


ネットでの情報によると、保湿した方が皮膚炎の症状が軽くなる

みたいな事を書いてあったので、これも聞いてみました。


先生によると、特に問題ないなら何もしない方が良いとの事。


保湿の為に塗ったものが、肌に残っている状態で治療すると、

その方が、皮膚に影響を及ぼす可能性があるからだそう。


と言う訳で、あえて保湿する必要はなさそうです。

当然、炎症がひどくなれば、薬は出すそうですが、、、



そして最後に、先生から、、、

「お仕事は、出来る限りセーブした方が良いですね。 治療も後半に入り、 

更に疲れが出てくると思うので、なるべく無理はしないように。」


やっときた~!! (〃^∇^)d


これで、残業が減らせるよー♪ (さっそく上司に報告せねば)



とりあえず5分の3、無事に照射終了であります!! (`・ω・´)ゞ




※おまけ、、、


今日は、診察室に入るや否や先生(女性)が、

「お若く見えますよね~。 私、同い年なんですよ~。」

「えぇっ!! そうなんですかっ? 昭和47年生まれ?」 (←失礼極まりない)


「はい~。 それにしても30そこそこにしか見えませんよね~。」

「ぃゃぃゃ、それは言い過ぎでしょー。 でも、ありがとうございます♪」

(先生、先生は、、、と、と、年上かと。。。とは言っていない。)


気分上々、さてと、今日もお仕事がんばりますかぁ!!!




カテゴリ-【放射線治療 トラックバック(0)  コメント(4) top↑


+ Comment List +
【】 闘うお嫁サマより。
病理結果でました。
化学療法はなし。ホルモン療法は受容体が多いのですることになりました。
ギリギリⅠ期でしたが周りに浸潤しだしていたので、化学療法なかっただけでもよしとします。
体力に自信ないので

明日退院でーす。

【Re: コメントありがとうございます!】 ちゃたより。
こんにちは。

結果が出たのですね。

ホルモン療法も長期の治療となるので大変でしょうが、「化学療法がなかっただけでも」と言う気持ちは、とても良いと思います。

前向きに、気長に気楽に、頑張り過ぎず、が大事ですよね。

ちなみに、放射線治療はされますか?

ホルモン治療終了後の開始となるのでしょうか?

明日退院との事で、とりあえずひと段落ですね。

お疲れさまでした~♪

【ありがとうございます】 闘うお嫁さまより。
ホルモン療法が先行しますが、部分切除の場合うちは放射線がもれなくセットです。
再発転移の可能性を0にすることはできませんが頑張ります。

免疫力アップするよう楽しく生きていこうと思います。

【Re: やっぱり】 ちゃたより。
放射線はセットでしたか。。。

長い治療も、始まってしまえば必ず終わりが来ます。


大きな声で笑う事は、治癒能力を高めるのにとても有効的だそうです。

簡単だし、病気もどこかに吹っ飛んでいくそうですよ♪

お互いに、笑顔で乗り切りましょう~!


 放射線診察-2回目 
●2015年1月22日(木曜日)


放射線治療10回目。

今日は、週に1度の診察日でした。


この病院の放射線科の先生は3人いて、診察の担当は日によって

替わる事があるという説明を、初診時に受けました。

医者全員で情報を共有しているので、何の心配も要らないという

事なので、特に気にはしていませんが。 (´-ω-`)



いつも通りの治療をした後、ガウンに着替えて待合室で待っていると、

すぐに名前が呼ばれ、診察室に入ります。


確かに、、、

初診時と、1回目の診察時、そして今回と全部違った先生となりました。

逆を言えば、これで全ての先生と顔見知りになったと言うことです。



さっそく患部を見せると、

「あー、皮膚の少し色が変わってきましたねー。」 と、先生。


「やっぱりですか。 さっき技師の方にも、少し肌が乾燥してきた

みたいですね、って言われたんですよー。」


確かに、両胸を見比べてみるとほんの少ーしだけ、色が違っていて、

肌がちょっぴりカサカサしています。


「これからは、回を重ねるごとに変化が起きてくるでしょうから、

そこの所は覚悟しておいてくださいね。」


特にチクビやワキなど、日常的に摩擦が起きるところは、擦れて敏感に

なるそうなので、嫌でも皮膚の状態が気になるようになりそうです。。。


「それからお風呂に入った時、お湯に当たるとあぶり出しみたいに

赤くなるので、そこの所は覚悟しておいてくださいね。」



ふむふむ。。。。

どうやらこの先生の口癖は、、、( ´艸`)



いつものごとく、何か気になることなどないかと聞かれたので、

最近仕事が忙しく、遅い時は夜9時過ぎまで残業しているという状況を

伝え、気をつけた方が良い事などがあるかを尋ねてみました。


すると、、、特に何も問題はないそうです。 (_ _|||)

そうなんだぁ、それはそれで、良かったのだけれども、、、ねぇ。


(あたし的には、「治療中なので少しセーブした方が良いです。」

位言われた方が、嬉しかったような気も…)



また、前回見せてもらった照射部の画像を使って、詳しく説明もして

くださいました。


病気によっては、体を輪切りに5mm間隔で照射するような場合も

あるらしいのですが、乳がんの場合は局所的な治療なので、体全体に

影響が出るような症状には、ほとんどならないそうです。


一番注意しなければいけないのは、やはり皮膚の状態だそうで、

「何らかの症状が必ず出るので、そこの所は覚悟しておいてください。」

との事でした。


また、決まった診察は1週間に一度となっていますが、皮膚の状態が

気なる時などは、いつでも診察可能だそうです。



現時点では、これから先どういう状態になるか分かりませんが、

とりあえず、変化に気を付けながら、、、


”そこの所は覚悟しておく” としますか。



と言うわけで5分の2、無事に照射終了であります!! (`・ω・´)ゞ




カテゴリ-【放射線治療 トラックバック(0)  コメント(0) top↑


+ Comment List +

 放射線診察-1回目 
●2015年1月15日(木曜日)


放射線治療5回目。

今日は、週に1度の診察日でした。

いつも通りの治療をした後、現在の状態(皮膚など)を見てもらいます。


先生に診てもらいやすいように、わざわざガウンに着替えてからの診察と

なりました。(服をまくり上げるだけでもいい気が…)



今日は放射線治療を開始して、初めての診察だったので、一般的な

副作用(気分が悪くなったり、倦怠感やむくみ等)がないかを聞かれました。


「はい、まったくないです、今のところは…。」 


そう答えると、先生が、

「気分が悪くなることに関しては、今の時点で問題なかったのなら、

これから先は、おそらく大丈夫ですよ。」


何でも、治療の途中から悪くなるということはほとんど無いそうな、、、

確かに拒否反応なら、最初に出ることが多いですものね。


ただし、皮膚には何らかの影響が必ず出てくるそうです。 (; ̄Д ̄)

これは人それぞれに違うそうなので、症状が出た時に。。。



そして、放射線がどのように当たっているかなど、画像を見せてもらいながら

説明を受けました。


照射範囲は右の鎖骨から下、脇の3分の1ほどから下の胸全体だそうで、

肺にも少し影響しているらしい、、、


と言ってもほんの少しで、そんなに気にするほどではないそうです。



でも、放射線治療が終了して数カ月~数年後に晩期副作用として出るかも

しれない肺炎は、100人に1~2人くらいの割合だそうで、気なるところです。

(まぁ、今からそれを心配してもしょうがないけども。)



その他は、肝臓はかすめている程度で、右胸なので心臓には当然影響なし、

ということでした。



最後に、何か質問や不安な事などはないか問われたので、最近ちょっと

気になっていることを聞いてみました。


それは、、、

本当にごくたまにだけど、手術した所が"ズキン"と痛む事。


何かのタイミング(腕を上げた時とか)じゃなくて、ほんとにふとした時、

動いたりもしていない時に"ズキン"って。。。


やっぱり少しでも痛むと、なんとなく気になるものです。(←ビビリ)



すると、先生はズバリひとこと、、、

「そうらしいですね!!」 (; ̄ー ̄A


そうでした、、、ここは放射線科。

ちょいと畑違いでしたが、結構な割合で聞かれる事だそうで、傷口等が

腫れたり膿んだりしていなければ、特に心配は要らないようです。



今回は診察があったのですが、いつもよりプラス10分程の時間で

病院を出ることができました。



とりあえず5分の1、無事に照射終了であります!! (`・ω・´)ゞ




カテゴリ-【放射線治療 トラックバック(0)  コメント(2) top↑


+ Comment List +
【】 闘うお嫁さんより。
ちゃたさま
同じ部分切除を終え今入院中の者です。ちゃたさまのほうが切除が小さいと思われますが、利き腕の動きはどうですか?

私は左側なのですが7センチ切ったそうで術後のリハビリに励んでいます。脇の郭清もなしです。
でも筋肉の強張りがなかなかとれません。どんな自主トレしましたか?

【Re: コメントありがとうございます!】 ちゃたより。
手術お疲れ様でした。

私も、脇の付け根辺りから乳首に向かって、7~8cmの傷です。
入院中から特にリハビリはしていませんが、現在問題なく腕は動かせています。

確かに術後は、腕を動かすのが怖いですよね。
肩をゆっくり回してみたり、手を頭の上に乗せてみたり、、、
少しずつ稼動範囲を広げていくと良いですよ。
まだ傷も治っていないでしょうから、無理にならない範囲でやってくださいね。

お互いに頑張りましょう!!



| ホーム |次ページ
プロフィール

ちゃた

管理人:ちゃた
ご訪問ありがとうございます!

 ● 2014/12/4:乳房温存手術
 ● 2015/1/8~2/13:放射線治療

 全記事リストは [こちら]

リンク