2020 051234567891011121314151617181920212223242526272829302020 07


TOP > CATEGORY - 乳腺エコー
ごあいさつ


このブログは、、、

「胸のしこり」に気付きつつも、3年ほど見て見ぬふりをしていたあたし。

家族に怒られ、やっとこさ重い腰を上げ病院へ行って来ました。

そこで受けた検査内容など、自分の記録としてはもちろんですが、同じような症状の

ある方などの参考になれば、と思い書き始めました。

現在、術後治療(放射線のみ)も終了し、以前と変わりのない生活をしています。


簡単な経緯は『記録のまとめ』でご紹介しています。

その後の様子は『経過日記』,『術後定期健診』でご紹介しています。

※現在更新はしていませんが、毎日コメント等のチェックはしています。 

 エコー検査詳細 
●乳腺エコー(超音波)検査についての詳しい内容


診察の時に簡単なエコー検査はしましたが、今回は詳細な検査です。


超音波室に入ると、中は最小限の明かりで薄暗くなっていました。

四方をカーテンで囲まれたベッドに案内され、もう聞き慣れてきた言葉。

「上半身裸になり、横になってタオルを掛けてお待ちください。」


しばらくすると、検査技師の方が入ってきて検査が始まりました。


片方の胸だけ出されて、「エコーゼリー」と言われるジェルを

プリプリっと付けられます。

このゼリー、てっきりすべりを良くするものだと思っていましたが、

体の中に超音波が伝わりやすくする、大事なものなのだそうです。


しこりのある右胸は、特に念入りに検査していたようで、

両胸で15~20分ほどかかりました。



●検査を終えて、、、


エコー検査に関しては、妊娠時に何度もやったことがあるので

当然、何の不安もありませんでした。

まったく痛いこともないし、全然余裕~。


ただ今回は念入りに検査してもらった為か、ゼリーの量が多かった。

掛けていたタオルで軽く拭ってはいたのですが、

次の細胞診検査まで少し時間がありそのまま横になっていたら、

タオルとゼリーがくっついて部分的にパリパリになっていました。

でも断然、「ヌルヌル<痛い」ですナ。。。


この検査も、優しい女性技師さんだったので安心して受けることができました。



スポンサーサイト




カテゴリ-【乳腺エコー トラックバック(0)  コメント(0) top↑


+ Comment List +


| ホーム |
プロフィール

ちゃた

管理人:ちゃた
ご訪問ありがとうございます!

 ● 2014/12/4:乳房温存手術
 ● 2015/1/8~2/13:放射線治療

 全記事リストは [こちら]

リンク