2014 12123456789101112131415161718192021222324252627282930312015 02


TOP > ARCHIVE - 2015年01月
ごあいさつ


このブログは、、、

「胸のしこり」に気付きつつも、3年ほど見て見ぬふりをしていたあたし。

家族に怒られ、やっとこさ重い腰を上げ病院へ行って来ました。

そこで受けた検査内容など、自分の記録としてはもちろんですが、同じような症状の

ある方などの参考になれば、と思い書き始めました。

現在、術後治療(放射線のみ)も終了し、以前と変わりのない生活をしています。


簡単な経緯は『記録のまとめ』でご紹介しています。

その後の様子は『経過日記』,『術後定期健診』でご紹介しています。

※現在更新はしていませんが、毎日コメント等のチェックはしています。 

 放射線診察-1回目 
●2015年1月15日(木曜日)


放射線治療5回目。

今日は、週に1度の診察日でした。

いつも通りの治療をした後、現在の状態(皮膚など)を見てもらいます。


先生に診てもらいやすいように、わざわざガウンに着替えてからの診察と

なりました。(服をまくり上げるだけでもいい気が…)



今日は放射線治療を開始して、初めての診察だったので、一般的な

副作用(気分が悪くなったり、倦怠感やむくみ等)がないかを聞かれました。


「はい、まったくないです、今のところは…。」 


そう答えると、先生が、

「気分が悪くなることに関しては、今の時点で問題なかったのなら、

これから先は、おそらく大丈夫ですよ。」


何でも、治療の途中から悪くなるということはほとんど無いそうな、、、

確かに拒否反応なら、最初に出ることが多いですものね。


ただし、皮膚には何らかの影響が必ず出てくるそうです。 (; ̄Д ̄)

これは人それぞれに違うそうなので、症状が出た時に。。。



そして、放射線がどのように当たっているかなど、画像を見せてもらいながら

説明を受けました。


照射範囲は右の鎖骨から下、脇の3分の1ほどから下の胸全体だそうで、

肺にも少し影響しているらしい、、、


と言ってもほんの少しで、そんなに気にするほどではないそうです。



でも、放射線治療が終了して数カ月~数年後に晩期副作用として出るかも

しれない肺炎は、100人に1~2人くらいの割合だそうで、気なるところです。

(まぁ、今からそれを心配してもしょうがないけども。)



その他は、肝臓はかすめている程度で、右胸なので心臓には当然影響なし、

ということでした。



最後に、何か質問や不安な事などはないか問われたので、最近ちょっと

気になっていることを聞いてみました。


それは、、、

本当にごくたまにだけど、手術した所が"ズキン"と痛む事。


何かのタイミング(腕を上げた時とか)じゃなくて、ほんとにふとした時、

動いたりもしていない時に"ズキン"って。。。


やっぱり少しでも痛むと、なんとなく気になるものです。(←ビビリ)



すると、先生はズバリひとこと、、、

「そうらしいですね!!」 (; ̄ー ̄A


そうでした、、、ここは放射線科。

ちょいと畑違いでしたが、結構な割合で聞かれる事だそうで、傷口等が

腫れたり膿んだりしていなければ、特に心配は要らないようです。



今回は診察があったのですが、いつもよりプラス10分程の時間で

病院を出ることができました。



とりあえず5分の1、無事に照射終了であります!! (`・ω・´)ゞ



関連記事
スポンサーサイト




カテゴリ-【放射線治療 トラックバック(0)  コメント(2) top↑


+ Comment List +
【】 闘うお嫁さんより。
ちゃたさま
同じ部分切除を終え今入院中の者です。ちゃたさまのほうが切除が小さいと思われますが、利き腕の動きはどうですか?

私は左側なのですが7センチ切ったそうで術後のリハビリに励んでいます。脇の郭清もなしです。
でも筋肉の強張りがなかなかとれません。どんな自主トレしましたか?

【Re: コメントありがとうございます!】 ちゃたより。
手術お疲れ様でした。

私も、脇の付け根辺りから乳首に向かって、7~8cmの傷です。
入院中から特にリハビリはしていませんが、現在問題なく腕は動かせています。

確かに術後は、腕を動かすのが怖いですよね。
肩をゆっくり回してみたり、手を頭の上に乗せてみたり、、、
少しずつ稼動範囲を広げていくと良いですよ。
まだ傷も治っていないでしょうから、無理にならない範囲でやってくださいね。

お互いに頑張りましょう!!


 放射線治療-2回目 
●2015年1月9日(金曜日)


今日は、放射線治療の2回目です。(1回目の記事と重複する部分あり)


予定通り、朝9時には受付を済ませ、リニアック室の前に到着。

治療はきちんと時間で管理されているので、ほとんど待つことは

ありません。


リニアック室に入り、更衣室で上半身裸になって、タオルを前に当て

放射線治療装置のベッドに横になります。

(もちろんBGMは、ボサノバ継続中…)



両手を上げてバンザイ体勢が整うと、室内を暗くして、位置の確認。

治療装置から出ている赤いレーザーのようなものと、マーキングの

位置を合わせます。(←たぶんそうだと思う)


二人の技師さんが、あたしの体を少し動かして合わせていきます。

位置が決まると胸にタオルを掛け、照明を明るく戻してから、

照射を開始します。



↓ 治療装置はこんな感じ。
放射線治療装置


頭上の丸い部分が体の横側に回り、あたしの場合は右胸を

右下からと左上からの2か所、照射します。


途中、”ビーーー” という電子音が鳴ります。(1か所につき20~30秒くらい)

おそらくその時に、放射線が出ているのでないかと思われます。


ベッドに横になってからの治療時間は、2~3分程度です。

治療室に入ってから出るまでの時間は、着替え等を含めても10分以内。

病院の滞在時間は、20~30分程度です。(会計によって変動)



治療の中盤に差し掛かってくると、お肌が日焼けしたみたいに

変化が出てくるそうです。

あんまり、ヒドくならないといいのですが、、、


まぁ週に1度は、放射線科の先生による診察があるので安心ですケドね。



※3回目以降は、ずっと同じ治療なので記事にはしません。

ただし、診察があった日や状況に変化があった時などは、

その都度更新する予定です♪ <(_ _*)>



関連記事

カテゴリ-【放射線治療 トラックバック(0)  コメント(0) top↑


+ Comment List +

 放射線治療費-1回目 
●2015年1月8日(木曜日)の医療費

※診察内容は、【コチラの記事】に書いています。


<診察内容>

■放射線治療計画

■放射線治療 等


<診療費>(1点=10円)

医学管理等1,392点
放射線治療1,420点
放射線治療(管理料)3,430点
合計6,242点


●社会保険(3割負担)で、

支払額 ・・・・・ 「18,730円」



★放射線治療にかかった医療費★

合計額 ・・・・・ 「19,580円」


★これまでにかかった医療費★

合計額 ・・・・・ 「239,080円」



関連記事

カテゴリ-【医療費明細 トラックバック(0)  コメント(0) top↑


+ Comment List +

 放射線治療-1回目 
●2015年1月8日(木曜日)


いよいよ今日から、放射線治療が始まりました。


前にも書きましたが、この治療は基本的に、平日(月~金曜日)は

毎日、欠かさず行わなければなりません。


あたしは、"病院に寄ってから出社する"という流れが良かったので、

毎朝9時からの治療にしてもらいました。


リニアック室に案内され入ると、男女二人の技師さんがいました。

自己紹介のあと、先日と同じ様に、上半身裸になり、

タオルを前に当て、放射線治療装置のベッドに横になります。

(治療室ではなぜか、ボサノバ系の音楽が流れていました…)



両手を上げバンザイの状態で、室内を暗くして、前につけた印の上から

更に、青いペンでしっかりとマーキング。

※治療装置が移動する軌道(?)を、印しているようです。


位置が決まると胸にタオルを掛け、照明を明るく戻してから、

照射を開始しました。



↓ 治療装置はこんな感じ。
放射線治療装置


頭上の丸い部分が体の横側に回り、あたしの場合は右胸を

右下からと左上からの2か所、照射します。


途中、”ビーーー” という電子音がなります。(1か所につき20~30秒くらい)

おそらくその時に、放射線が出ているのでないかと思われます。


治療時間は、1~2分程度です。


動いちゃダメなんだ、動くと放射線が治療部以外に当たるかも…、

そんなコトを考えると、異様な緊張感が!! (´・艸・`;)

(こういうのにも、少しずつ慣れてくるんだろうか?)



とにもかくにも、無事に1回目が終了しました。

今回は、詳細な位置決めと、治療で20分程でした。(着替え含む)


次回からは、5~10分位で終わるそうです。

ふぅ、これがあと24回続くのねん。。。 (。・ε・`。)



関連記事

カテゴリ-【放射線治療 トラックバック(0)  コメント(0) top↑


+ Comment List +

 放射線治療費-初診時 
●2015年1月6日(火曜日)の医療費

※診察内容は、【コチラの記事】に書いています。


<診察内容>

■外来(説明とCT撮影)


<診療費>(1点=10円)

初・再診料282点
合計282点


●社会保険(3割負担)で、

支払額 ・・・・・ 「850円」



★放射線治療にかかった医療費★

合計額 ・・・・・ 「850円」


★これまでにかかった医療費★

合計額 ・・・・・ 「220,350円」



関連記事

カテゴリ-【医療費明細 トラックバック(0)  コメント(0) top↑


+ Comment List +

 放射線科初診-2 
●2015年1月6日(火曜日)


■放射線科初診-1のつづき。


まず最初に、診察室で術後の傷を診てもらうと、

「両手をあげた状態での治療となりますが、大丈夫ですか?

もう上げられますか?」


そう聞かれたので、


「まったく問題ありませんっ!!」ヾ(*^▽^*)ノ"


多少自慢げに言いながら、両手を上げて更にブンブン回してみせると、


「おぉぅ!!!」

と、感心されました。。。(←子どもか!)



それから、CTシュミレーション室へ案内されると、部屋の隅にある更衣室で

上半身裸になるように言われ、準備されているタオルで胸を押さえて出ると、

機械の前へ向かいました。


機械に付属されている、割と細めのベッドにゆっくりと横になると、両手を上げ

放射線を当てる場所の位置決めをするための撮影をしました。


そして、何やら黒いペンで、胸の中央と右左それぞれの脇の下あたりに、

十字の印を付けられました。

これが、治療の時の基準となる大事な大事な線なのです。


十字の中心には、消えないように透明な薄いテープを貼られました。

我慢できないほど痒くなった場合は、無理せず剥がしても良いそうです。



そうそう、、、

上半身裸で、バンザイをした状態という無防備な体勢。

その上顔を近づけられて、印を書かれる。。。


メッチャ、ハズイやんっっ!!!! (//∇//)



1回目の日は、更に位置確認のため、違う色のペンで描き足していくので、

もっとカラフルになりますよ、との事。(←わーい、って嬉しくないし…。)



これまでの検査結果や病理結果等を元に、技師の方が治療の計画を立てる

のに多少時間がかかるそうですが、さっそく、明後日から治療が始まります!!


↓ もらった冊子。
冊子



治療中、特に注意が必要なことはなく、いつも通りの生活でOKだそうです。

はぃ、もちろんお酒も飲めますヨ、、、(←コレばっか)



※記事が長くなったので、1~2に分けています。



関連記事

カテゴリ-【放射線治療 トラックバック(0)  コメント(0) top↑


+ Comment List +

 放射線科初診-1 
●2015年1月6日(火曜日)


今日は放射線治療を受ける為、手術を行った病院に通院しやすい病院を

紹介してもらっていたので、そちらの方へ診察に行って来ました。


この病院は、自宅と会社の通勤路間にある病院です。

何しろ、平日に25回通院しなければいけないので、出来るだけ

負担が少なくて済むように、自宅から近い病院にしました。



予約時間は午前10時。

夫さんに付き添ってもらい病院へ。(←ひとりじゃ心細い病)

初診となるため、カルテ作成や問診等の時間も必要だと思い、

少し早目の20分前に到着。(これでも遅い?)


無事に受付や新患手続きを終え、10時過ぎに放射線治療科へ向かいます。



診察室に入ると、先生がこれまでの検査資料や病理結果、画像などを

確認していて、軽く自己紹介をした後、説明をしてくださいました。


前の病院では、放射線治療は温存手術とセットなのでとしか聞いていなくて、

選択の余地はなく、治療自体、必要性があるのか疑問に思っていました。


そこのところもぶっちゃけて、納得がいくまで色々とお話しました。

先生は、治療の内容や目的、必要性なども丁寧に説明してくださいました。


もちろん、副作用等のリスクについても。



その上で、

「やるかやらないかは患者さんの意思が大事なので、自分で決めて

もらって構わないし、今ここですぐに結論を出さなくても良いですよ。」

とのことでした。


(話を簡単にまとめると、乳がんは放射線療法にとても効果があり、

乳房内の再発を約3分の1にまで減らせるのだそうです。)



ということで、、、

詳しい説明を聞いたら、やっぱり治療しようという気になりました。


夫さんにも、横で聞いてもらっていて、

「お前が納得出来たのなら、やった方がいぃんじゃないか?」

と、同じ意見でした。



やるからには、できるだけ早く始めたいと伝えると、

さっそく、治療計画が始まりました。



●放射線科初診-2へつづく。。。。


※記事が長くなったので、1~2に分けています。



関連記事

カテゴリ-【放射線治療 トラックバック(0)  コメント(0) top↑


+ Comment List +

 医療費-6回目 
●2014年12月16日(火曜日)の医療費

※診察内容は、【コチラの記事】に書いています。


<診察内容>

■外来(診察・病理検査結果)

■診療情報提供料(紹介料)


<診療費>(1点=10円)

初・再診料73点
医学管理等450点
合計523点


●社会保険(3割負担)で、

支払額 ・・・・・ 「1,570円」



★これまでにかかった医療費★

合計額 ・・・・・ 「219,500円」



関連記事

カテゴリ-【医療費明細 トラックバック(0)  コメント(0) top↑


+ Comment List +

 病理検査結果 
●2014年12月16日(火曜日)


外来診察の時に、手術で切除した腫瘍の病理検査の結果が

もう出ているとのことで、話を聞きました。


結果は、、、

手術前の検査結果と同じ、非浸潤癌(ステージ0期)でした!!!


最終病名は、「のう胞内乳頭癌」

(詳細なデータは、この記事の最後に追記しました。)


※以前の検査結果⇒「術前検査結果&治療方法」 (別窓で開きます)



のう胞内癌とは、乳管に液体の溜まった袋が出来て、

その中に見つかった小さな腫瘍(がん)なのだそうな。。。


なので、これを切除したことによって、完治となるそうです。

とは言え、放射線治療だけは必ずやらなければいけないのですが。


※薬物治療は、希望すれば出来るというレベルで、副作用等のリスクを

考えた結果、デメリットの方が大きいと判断し、今回はやらないことにしました。


とりあえず、結果が悪くならなくて良かった~。



ていうか、あたし的には診察する前は、しこり(のう胞)自体が「がん」かも

と思っていたので、逆にしこり(のう胞)が大きくならなかったとしたら、

その中にあった小さな「がん」なんてたぶん、間違いなく気付かなかった

ことでしょう。。。


なので今回は、本当にラッキーな結果だったと思っています。



もしも、夫さんの堪忍袋が爆発しなかったら、、、

もっと深刻な状態になっていたかもしれません。


とりあえず、家族に助けられながら、無事に手術も終わり

やっと、一段落付いた気がします。



でも、次は放射線治療!!

全部終わるまで、まだまだ長そうですナ。。。 (*´Д`)=3



※放射線治療は、通勤途中にある病院で受けるため、

この病院での次回の診察は、半年後です。


+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+


【病理検査結果の詳細】 

↓いただいたコピー。(クリックで拡大できます)
病理検査結果


英語ばかりでよく分からなかった。。。(´∩`。)

なので、準備していたリストに記入してもらったのが、、、


↓コレ。(クリックで拡大できます)
病理結果チェックリスト

<このチェックリストは「コチラ」からダウンロードしました。>



結果について、あたしの場合、、、

※腫瘍径は"のう胞全体"の大きさとなります。

※基本的に、病理検査は浸潤がんに対してのものであるため、非浸潤がんの場合

数値はあくまでも、参考値程度と言う認識になるそうです。



関連記事

カテゴリ-【診断結果 トラックバック(0)  コメント(0) top↑


+ Comment List +

 術後診察 
●2014年12月16日(火曜日)


退院から1週間。

切開した所の傷の経過を見てもらう為、外来診察に行って来ました。


先生の前にある椅子に座り、上着を脱いでバストバンドを取り、

服をまくり上げて、傷を見せました。


傷口に貼っていた茶色のテープを剥がし、傷の状態をチェック。

切除した所に水は溜まっていないか、などもチェック。


「全く問題ありません、もう普通に生活していいですよ。

ただ、傷をゴシゴシ洗うのだけはやめてくださいね。」

(ぃゃぁ、それはやりたくても出来ないっス…。)


傷もまだ赤みはありますが、きれいにふさがっているようで、

時間が経てば、少しずつ目立たなくなってくるそうです。


バストバンドは、し続けてもいいし、しなくてもいいし、

どちらでも好きなように、らしい。

(あたしは、めんどいので外しますけどね。)



まだ、リンパの痛みや引きつれ感などの違和感はもちろんありますが、

徐々に無くなってくるそうなので、あまり細かいことは気にせずに、

生活しようと思います。



とにかく、一番ウレシイのは、、、

「ビールが飲めるゾーーー!!!」ヾ(*≧∀≦*)ノ


毎日家族で飲酒に励むこのあたしが、退院時に喜びのあまり(?)

不覚にも飲酒確認をし忘れてしまったので、この診察の日を

どんなに心待ちにしていた事か…。(←大げさ)


やっと待望のGOが出たので、また飲酒に励みたいと思います!!!

まぁそこそこに、、、ね。(一応気持ちだけ)



関連記事

カテゴリ-【診察日記 トラックバック(0)  コメント(0) top↑


+ Comment List +


| ホーム |次ページ
プロフィール

ちゃた

管理人:ちゃた
ご訪問ありがとうございます!

 ● 2014/12/4:乳房温存手術
 ● 2015/1/8~2/13:放射線治療

 全記事リストは [こちら]

リンク