2015 051234567891011121314151617181920212223242526272829302015 07


TOP > ARCHIVE - 2015年06月
ごあいさつ


このブログは、、、

「胸のしこり」に気付きつつも、3年ほど見て見ぬふりをしていたあたし。

家族に怒られ、やっとこさ重い腰を上げ病院へ行って来ました。

そこで受けた検査内容など、自分の記録としてはもちろんですが、同じような症状の

ある方などの参考になれば、と思い書き始めました。

現在、術後治療(放射線のみ)も終了し、以前と変わりのない生活をしています。


簡単な経緯は『記録のまとめ』でご紹介しています。

その後の様子は『経過日記』,『術後定期健診』でご紹介しています。

※現在更新はしていませんが、毎日コメント等のチェックはしています。 

 術後検診-1回目 
●2015年6月19日(金曜日)


手術をしてから、半年が経ちました。

術後半年ごとに定期検診をする事になっているので、病院へ行って来ました。

今回、初めての検診です。



内容は、超音波(エコー)検査と、担当医の診察及び診断となっています。


まず最初に、放射線科で受付をして、超音波検査室へ、、、

毎回たくさん人が並んでいるのですが、今日は少なくて超ラッキー♪

予約時間から、なんと5分程で検査できましたっ!!(←マジで珍しいの…)


検査室に入ると、名前を確認され、カーテンで仕切られた部屋に案内されます。

いつものように上半身裸(←もうかなり慣れてきた)になり、タオルを胸に当てて、

ベッドに横たわり待っていると、すぐに技師の方がいらっしゃいました。


「今回は、手術後初めての検査ですね。痛かったら言ってくださいね。」

(ぉぃぉぃ、痛いのかよ~。)


確かに、人によっては"術後のエコー検査でグリグリされて痛かった"

と言う声も、ネットで多少ありましたが。。。(゚ロ゚;)


担当の技師さんは優しそうな女性の方なので、き、きっと大丈夫さっ!!!


まずは、手術をした右側から。

確かにいつもよりは敏感ではありますが、痛いと言うほどではありません。

とても念入りに、胸だけでなく脇や首など広い範囲検査しました。


そして、無傷の左側も。

こちらも、もちろん丁寧ですが、ある一部分を何度も調べている様子。。。

何だかイヤーな予感!?Σ(゚Д゚|||)


その後画像を確認し、放射線科の先生が再度軽くエコーを当て、終了。

検査時間は、30~40分程度でした。



そして次は外来の方に移動し、担当医の診察を待ちます。

こちらも、ほぼ予約時間通り!!



診察室に入り、先生と半年ぶりの再会。


「ごぶさたです~。」 と軽くあいさつをした後、


「どんな感じですか? ちょっと見せてもらっていいですか?」 と先生。


洋服を上げて、見てもらうと、

「放射線の影響で、まだ皮膚が熱を持っているし、腫れていますね。」 との事。


「あーやっぱり、、、エコーの時も言われました。

胸を強く押したりするとなんとなく痛いのは、そのせいなんですね。。。」


あたし自身、ほとんど自覚はなかったのですが、確かにエコーの画像を見ると

左側に比べて右側の皮膚の方が、腫れぼったい感じに見えます。


とは言え、これも許容範囲内であり、他は特に異常なしでした。v( ̄∇ ̄)



そして左側は、イヤな予感的中。

やっぱり、1~2mm位の"のう胞"が出来ているらしい。。。

(どおりで、しつこく調べていたわけだ…)


でもこれも、今すぐどうこう言うものではなく、しばらくは経過観察でOKだそうな。



最後に、次回(更に半年後)の検診の予約を入れる時に先生が、


「次、マンモはどうしますか?」

(そうか、それがあったょ。)


「え~それは、、、やっぱコワイです~。 まだ腫れてるみたいだしぃ…」

「ですよね。じゃ、次回もエコーだけにしておきましょう。」

「はいっ!! お願いします!!」 (←急に元気になっている)



そんなこんなで、まぁ、不安要素が新たに発生しましたが、

とりあえず1回目の検診は無事に終わり、ひと安心と言う事で。。。(´▽`*;)



※病理検査結果の詳細(コピー)も、忘れずもらって来ました。

こちらの記事の最後に追記しています。

「病理検査結果」



関連記事
スポンサーサイト




カテゴリ-【術後定期検診 トラックバック(0)  コメント(0) top↑


+ Comment List +

 手術後6ヶ月 
昨年の12月4日に手術をしてから、約6ヶ月。

2月13日に放射線治療が終わってから、約4ヶ月が経ちました。


手術から、もう半年かぁ、、、ほんっとーに、あっちゅう間でした。



「時は薬なり」と言うけど、まさにそのとーりっ!!! (@^▽^@)

今では、何のためらいもなく腕も動かせるようになりました。



背伸びも出来るし、横向いて寝れるし、逆立ち(三点倒立)も再開しました。


お風呂では、放射線焼けの名残り(ちょっぴり残った変色部)を手ぬぐいで

ゴシゴシ洗い、すべて脱皮して、まだら肌からも卒業し、ブラの内側に粉々が

付くこともなくなりました。



と言っても当然、無感覚&ひきつれのコンビは変わらず健在してますが。。。



最近唯一の悩みは、手術した胸がかゆいっっ!!(ごくたまにですが…)


しかも、皮膚の表面ではなく、中の方。(そんな気がするだけ??)

それは、胸元であったり、脇の下辺りであったり、リンパのとこであったり、

色んなとこがチクチクっと、ピンポイントでかゆくなるんです。。。(-"-;A


何でも、放射線を当てた部分は毛穴がなくなり、汗が出ないので、

乾燥してかゆいのだそうです。(ネット情報)


確かに、脇などの毛もそれ以来はえてこないし、いつもサラっとしているのは

これからの季節、特に嬉しいのだけども。。。



ただ、嫌なのが「かゆいっ。」と思って掻いても、何しろ感覚がないので

気持ちよくないし、スッキリもしないんですよね、これが。


人のかゆいところを掻いてあげている感じで、とても変な感覚。

当然、かゆいのが治まるはずもなく、いつも不完全燃焼。


掻いても無意味なので、さすってみたり揉んでみたりしてみるものの、

いまいち効果なし、、、

こればっかりは、一生付き合わなきゃいけないのかナ~。(|||▽||| )


今月は術後初検診に行く事だし、とりあえず相談してみますかぁ。



そだそだ、そんなことより一番大事なコト思い出したっっ。

術後の病理検査結果の詳細を聞いてなかったんだった!!

これだけは忘れずに、ちゃんと教えてもらわなきゃだわ。。。<(; ^ ー^)



関連記事

カテゴリ-【経過日記 トラックバック(0)  コメント(0) top↑


+ Comment List +


| ホーム |
プロフィール

ちゃた

管理人:ちゃた
ご訪問ありがとうございます!

 ● 2014/12/4:乳房温存手術
 ● 2015/1/8~2/13:放射線治療

 全記事リストは [こちら]

リンク