2020 051234567891011121314151617181920212223242526272829302020 07


TOP > 入院日記 > title - 入院1日目-1
ごあいさつ


このブログは、、、

「胸のしこり」に気付きつつも、3年ほど見て見ぬふりをしていたあたし。

家族に怒られ、やっとこさ重い腰を上げ病院へ行って来ました。

そこで受けた検査内容など、自分の記録としてはもちろんですが、同じような症状の

ある方などの参考になれば、と思い書き始めました。

現在、術後治療(放射線のみ)も終了し、以前と変わりのない生活をしています。


簡単な経緯は『記録のまとめ』でご紹介しています。

その後の様子は『経過日記』,『術後定期健診』でご紹介しています。

※現在更新はしていませんが、毎日コメント等のチェックはしています。 

 入院1日目-1 
●2014年12月3日(水曜日)


いよいよ今日から入院です!!

手術前の検査が色々あるそうで、前日入院となりました。


13時頃に病院へ行き、入院手続きを済ませ病棟へ移動。

病室に入り、とりあえず荷物を簡単に整理しました。


今日は、たくさんの検査をしなければいけないので、

バタバタと忙しい一日になるそうです。



まず最初は、センチネルリンパ節生検の準備です。

RI検査と言って、乳がんの近くにラジオアイソトープという

放射性医薬品を局所注射し、リンパの流れを撮影して、

センチネルリンパ節を探すというものです。


※センチネルリンパ節とは、リンパ管に入ったがん細胞が最初に

たどり着くリンパ節のことで、"見張りリンパ節"とも呼ばれます。



放射線外来の診察室に行くと、担当医がいて、

「今からリンパの流れを調べる検査をしますね。

薬を注射するので、ベッドに横になってください。」


胸が出せれば良いとの事で、服は着たまま胸の上までまくり上げ

自分で持っていました。(ブラはワイヤー無しでした。)


準備が出来ると、

「この注射は痛いですから、がんばってください。」

「えっ!! そうなんですか?! ま、麻酔は…?」

「麻酔しても意味が無いんですよね~。」

「そ、そうなんですか、、、」

こんなやりとりがあり、注射をチクっと刺されます。


(なんだ、、、普通の注射やん、、、)

そう思った瞬間!!!

「痛゛~、イタタタタ!!! い、痛いッスね。。。(T∇T;)」

心の声ではなく、ついつい本当の声が飛び出すほどでした。

なるほど、薬を注入する時が痛い注射だったんだぁ。

細胞診や組織診の時は麻酔をしていたので無痛でしたが、

コレは今までの検査の中で、一番痛かったです~!!



「次は、PET-CT室で撮影をします。」

と言うことで、ベッドから起き上がると、

「しばらく痛みが続くので、一緒に行きましょう。」

と、看護師さんに腕を支えられ移動します。


撮影室に入ると、機械の前にあるベッドに仰向けに寝るよう言われました。

こちらも、服は着たまま横になると、直胸に鉛を置かれ、機械に近付きます。

何と言う名前の機械かは分かりませんが、大きな板のようなものが付いた

機械で、その板を更に胸へ近づけて撮影しました。


モニターで確認しながら、薬を回す為か途中で先生から少し胸を揉まれ、

何の為かは分かりませんが、「体をなぞりますね~。」

と言って何か棒みたいな物?(←見えなかった)で、体の輪郭を

なぞっていたようでした。


その後、撮影は15分程で終わり、初めの注射以外痛いという事も無く、

とりあえずひとつ、検査が終了しました。



●入院1日目-2へつづく。。。。


関連記事
スポンサーサイト





カテゴリ-【入院日記 トラックバック(0)  コメント(0) top↑


+ Comment List +

<<入院1日目-2 | ホーム | 退院>>















管理者にだけ表示を許可する

トラックバックURL
http://sikoribyebye.blog.fc2.com/tb.php/21-895ee822
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

| ホーム |
プロフィール

ちゃた

管理人:ちゃた
ご訪問ありがとうございます!

 ● 2014/12/4:乳房温存手術
 ● 2015/1/8~2/13:放射線治療

 全記事リストは [こちら]

リンク