2020 051234567891011121314151617181920212223242526272829302020 07


TOP > 診断結果 > title - 病理検査結果
ごあいさつ


このブログは、、、

「胸のしこり」に気付きつつも、3年ほど見て見ぬふりをしていたあたし。

家族に怒られ、やっとこさ重い腰を上げ病院へ行って来ました。

そこで受けた検査内容など、自分の記録としてはもちろんですが、同じような症状の

ある方などの参考になれば、と思い書き始めました。

現在、術後治療(放射線のみ)も終了し、以前と変わりのない生活をしています。


簡単な経緯は『記録のまとめ』でご紹介しています。

その後の様子は『経過日記』,『術後定期健診』でご紹介しています。

※現在更新はしていませんが、毎日コメント等のチェックはしています。 

 病理検査結果 
●2014年12月16日(火曜日)


外来診察の時に、手術で切除した腫瘍の病理検査の結果が

もう出ているとのことで、話を聞きました。


結果は、、、

手術前の検査結果と同じ、非浸潤癌(ステージ0期)でした!!!


最終病名は、「のう胞内乳頭癌」

(詳細なデータは、この記事の最後に追記しました。)


※以前の検査結果⇒「術前検査結果&治療方法」 (別窓で開きます)



のう胞内癌とは、乳管に液体の溜まった袋が出来て、

その中に見つかった小さな腫瘍(がん)なのだそうな。。。


なので、これを切除したことによって、完治となるそうです。

とは言え、放射線治療だけは必ずやらなければいけないのですが。


※薬物治療は、希望すれば出来るというレベルで、副作用等のリスクを

考えた結果、デメリットの方が大きいと判断し、今回はやらないことにしました。


とりあえず、結果が悪くならなくて良かった~。



ていうか、あたし的には診察する前は、しこり(のう胞)自体が「がん」かも

と思っていたので、逆にしこり(のう胞)が大きくならなかったとしたら、

その中にあった小さな「がん」なんてたぶん、間違いなく気付かなかった

ことでしょう。。。


なので今回は、本当にラッキーな結果だったと思っています。



もしも、夫さんの堪忍袋が爆発しなかったら、、、

もっと深刻な状態になっていたかもしれません。


とりあえず、家族に助けられながら、無事に手術も終わり

やっと、一段落付いた気がします。



でも、次は放射線治療!!

全部終わるまで、まだまだ長そうですナ。。。 (*´Д`)=3



※放射線治療は、通勤途中にある病院で受けるため、

この病院での次回の診察は、半年後です。


+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+


【病理検査結果の詳細】 

↓いただいたコピー。(クリックで拡大できます)
病理検査結果


英語ばかりでよく分からなかった。。。(´∩`。)

なので、準備していたリストに記入してもらったのが、、、


↓コレ。(クリックで拡大できます)
病理結果チェックリスト

<このチェックリストは「コチラ」からダウンロードしました。>



結果について、あたしの場合、、、

※腫瘍径は"のう胞全体"の大きさとなります。

※基本的に、病理検査は浸潤がんに対してのものであるため、非浸潤がんの場合

数値はあくまでも、参考値程度と言う認識になるそうです。


関連記事
スポンサーサイト





カテゴリ-【診断結果 トラックバック(0)  コメント(0) top↑


+ Comment List +

<<医療費-6回目 | ホーム | 術後診察>>















管理者にだけ表示を許可する

トラックバックURL
http://sikoribyebye.blog.fc2.com/tb.php/26-6dd5b62b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

| ホーム |
プロフィール

ちゃた

管理人:ちゃた
ご訪問ありがとうございます!

 ● 2014/12/4:乳房温存手術
 ● 2015/1/8~2/13:放射線治療

 全記事リストは [こちら]

リンク