2020 051234567891011121314151617181920212223242526272829302020 07


TOP > 入院日記 > title - 入院2日目-1
ごあいさつ


このブログは、、、

「胸のしこり」に気付きつつも、3年ほど見て見ぬふりをしていたあたし。

家族に怒られ、やっとこさ重い腰を上げ病院へ行って来ました。

そこで受けた検査内容など、自分の記録としてはもちろんですが、同じような症状の

ある方などの参考になれば、と思い書き始めました。

現在、術後治療(放射線のみ)も終了し、以前と変わりのない生活をしています。


簡単な経緯は『記録のまとめ』でご紹介しています。

その後の様子は『経過日記』,『術後定期健診』でご紹介しています。

※現在更新はしていませんが、毎日コメント等のチェックはしています。 

 入院2日目-1 
●2014年12月4日(木曜日)


今日は、いよいよ手術の日!!

昨晩は何度か目は覚めたものの、睡眠は十分に取れました。


朝6時前に、看護師さんが最後の水分摂取を促しに来ました。


その後、体温と血圧を測りに来て、、、

8時過ぎ位に迎えに来るので、それまでに手術着(下はおパンツのみ)に

着替えて、弾性ストッキングも履いておいてください、との事。


何だか落ち着かずそわそわしていると、あっという間に時間は経ち

7時半過ぎ頃に、家族が来てくれました。

「いよいよかぁ~。」 なんて話をしたり、着替えをしたりしていると、

8時20分頃、とうとうお迎えが。。。


病棟担当医や執刀医、看護師、それに家族と合わせて8人ほどで、

歩いて手術室に向かいました。


手術室の前に着くと、家族との別れを惜しむ間もなく

「じゃ、行って来るね。」 とだけ言って、いざ突入!!!

(超超ドキドキ…)


中に入ると、そこら中に医者や看護師、それからあたしと同じように

これから手術に臨むであろう患者さんが数人いました。


ホールのような空間の、隅にあった椅子に案内されて、

看護師さんから、名前と手術するのはどちらの胸なのかを

確認されました。


それに答えると、ホールの一番奥にある手術室へと向かいました。


手術室は、テレビドラマで見た事のある丸い大きなライトがあり、

その下にある手術台に横になると、手術の準備が始まりました。


まず、点滴の為の静脈注射。

↓ 今回はこの辺り。
手の甲


見るからに痛そうな場所ですよね。。。

だからなのでしょうか、予備麻酔をしてからの注射でした。


それから、心電図や血圧計など色んなものを繋げられ、まさに

捕らわれた宇宙人状態…


すべての準備が整い、いよいよ全身麻酔が始まります。

鼻と口を覆うマスクを当てられ、ゆっくりと呼吸をし酸素を吸います。

点滴から麻酔薬を注入し始めると、たぶん速攻で意識がなくなりました。


その後のことは、当然何も覚えていませんが、

間違いなく、手術は開始されたのです!!!


●入院2日目-2へつづく。。。。


関連記事
スポンサーサイト





カテゴリ-【入院日記 トラックバック(0)  コメント(0) top↑


+ Comment List +

<<入院2日目-2 | ホーム | 入院1日目-3>>















管理者にだけ表示を許可する

トラックバックURL
http://sikoribyebye.blog.fc2.com/tb.php/27-9059f9ce
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

| ホーム |
プロフィール

ちゃた

管理人:ちゃた
ご訪問ありがとうございます!

 ● 2014/12/4:乳房温存手術
 ● 2015/1/8~2/13:放射線治療

 全記事リストは [こちら]

リンク